様々な業務をこなすうえでIT/Webは必要不可欠ですが、企業はIT/Webにどれぐらい投資するべきなのか?
あまり耳にしたことがない方も多いであろう「企業のIT投資率」。

ビッグデータの時代といわれる今、こんな情報もたくさん世の中に出ていますのでチェックしてみましょう!

下記は2016年に日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が発表した「企業IT動向調査2016」のIT予算に関する数値です。

IT予算は売上高の0.75%が平均であることがわかります。

業界によって大きな差がありますが、金融業界はダントツですね。

例えば弊社は建設業のお客様を多数サポートしているのですが、IT化の遅れを気にしている方も多く、
この数値を見ていただくと予算組みを検討しやすくなるでしょう。

売上の0.5%をITに投資するとなると、大きな予算と感じられる経営者も多いのが事実です。
あくまで目安として意識しながら課題に対して有益なIT化を進めるのが良いのではないでしょうか。

ITコンサルティング契約いただいている企業様には業務効率のためのシステム導入
(会計システム・給与システム・工程管理・営業管理など)から進めるケースが多く、
業務効率化はもちろん人件費削減まで実現されています。

ホームページ運用を本格化される場合は営業力UPに繋がるため、効果を実感しやすくなるようです。

もはや当然、企業経営の上でIT/Webは必要不可欠です。
自社のIT化の遅れを気にされている方はこんな情報を見て考えて見てくださいね!